愚を編む。居飛車メインで将棋の研究をしてマス 

このページの記事目次 (タグ: ゴキゲン中飛車 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ゴキゲン中飛車「超急戦回避策」の研究

   ↑  2016/08/07 (日)  カテゴリー: 将棋
 ここ数年で「超急戦」のイメージはすっかり変わってしまった。少し前までゴキゲン中飛車が受けて立つ戦型であったのに、今では回避するのが当たり前だ。私は超急戦で勝てないならゴキゲン中飛車は破綻していると思うので納得しがたい風潮だが……。
 というわけで今回は、超急戦回避策について咎める方法を検証する。

 ▲2六歩△3四歩▲7六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲5八金右△6二玉(基本図)
52.png
 △5五歩と突くと▲2四歩で決戦になるので、角道を開けたままにする。部分的に▲2四歩は成立しないが、先手は▲2四歩が成立するように手を進める。後手の作戦は――
 ①△8八角成~△2二銀で受ける
 ②△3三角・△2二飛と向飛車へ
 ③△1四歩・△5五歩で決戦狙い
 ④△5五歩・△3五歩で石田流へ
 ⑤△5五歩保留・飛車ぶつけを狙う
 ――経験したことがあるのを含めてこのぐらいだろう。内、①は論外。本気でこれを指しているなら中飛車はやめた方が良いだろう。上図以下▲4八銀△8八角成▲同銀△2二銀▲7七銀△3三銀▲6八玉△7二玉▲4六歩△8二玉▲7八玉△7二銀と進んだぐらいで後手の主張は何一つない。「指し慣れてるのでやりました」感満載のお粗末な構想だ。

 △3三角・△2二飛と向飛車へ
 激減した形。以下は昨年王位戦予選▲豊島-△久保戦を参考にさせていただく。
▲4八銀△3三角▲同角成△同桂▲6八玉△2二飛▲2六角△5二玉▲7八玉△4二銀▲5六歩△5三銀▲3六歩△4四銀▲5七銀△6二金▲6六銀△5三角▲3八飛△3二飛▲5五歩
53.png 54.png
 手順中、▲2六角が後手陣を咎める妙角。△5二玉以外では馬が作られるので仕方ないが、一直線に進んで先手の攻めが決まった。
 これは綺麗に後手が潰れてしまったが、例えば△6二金では△6二玉▲4六銀△7二玉の方が良い気がする。桂頭を攻められることが確実で、好んで後手を持ちたいという人はいないだろう。▲2六角の時点で先手ペースなので、△3三角は先手良しが私の見解だ。

 △1四歩・△5五歩で決戦狙い
 あまり見かけないが、気になっている人はいるんじゃないだろうか。
▲4八銀△1四歩▲6八玉△5五歩▲2四歩△同歩▲同飛△5六歩▲6六歩△5七歩成▲同銀△5六歩▲4六銀△1三角▲2一飛成△4六角▲同歩△5七銀
59.png56.png 
 お互い一切妥協なしの斬り合いだが、結論から言うとこの仕掛けは後手失敗。この局面では▲6七玉だろうが▲7八玉だろうが▲7七玉だろうがこの攻めは受かる。わかりやすく受かるわけではないが……私は▲6七玉派なのでその手順を紹介しよう。
▲6七玉△5八銀成▲同金△5七金▲同金△同歩成▲7七玉△6七金▲8六玉△6八と▲5三歩△2二飛▲同龍△同銀▲6八銀△同金▲2八飛△3一銀▲6八飛
57.png 58.png
 こうなれば先手が良いのは明らかだ。後手からは△5九飛、△5六歩などが候補だがいずれも遅く、▲7五桂や▲6五歩が厳しい。
 途中▲5三歩に△同飛は▲2六角としてやはり先手良しと見ている。次の▲5四歩が詰めろだ。よって△1四歩の強襲は成立しない

 △5五歩・△3五歩で石田流へ
 一つの妥協策。すぐ咎めずとも、やがて後手の無理が目立ってくる。
▲4八銀△7二玉▲6八玉△5五歩▲2四歩△同歩▲同飛△3二金▲2八飛△2三歩▲4六歩△3五歩▲4七銀△5四飛▲9六歩△9四歩▲8六歩△8二玉▲7八玉△7二銀▲8七玉△2四飛▲2五歩△3四飛▲7八銀
60.png 61.png
 後手は▲2五歩を打たせて満足……と言いたいところだが、飛車を持ってくるのに一手損、5五の位は不安定。囲いの脆さと合わせて既に先手模様勝ちと言えよう。
 玉頭攻めがないので天守閣美濃が堅く、次に▲3八飛からの攻めが確実だ。勝率70%はあるだろう。

 △5五歩保留・飛車ぶつけを狙う
 飛先交換を飛車ぶつけで受ける従来のスタイル。後手は△5五歩を突かずに駒組みすることになるが、先手が▲2四歩を突くかどうかは一つの権利だ。
▲4八銀△7二玉▲6八玉△8二玉▲7八玉△7二銀……テーマ図
62.png 63.png
 テーマ図から9筋の交換をして▲2四歩がよくある定跡。▲2四歩△同歩▲同飛△8八角成▲同銀△2二飛▲2三歩△5二飛▲2八飛△5五歩▲7七銀△4四角▲4六歩△2六歩と進み、以下変化の多い勝負が続く。
 かなりの研究勝負になるため、自信がある変化を見つけたなら挑んでみるといいだろう。私は対向形が嫌いなのであまり研究していないが(笑)。

 ▲2四歩を突くかは権利。なら捨てることも可能なわけで、テーマ図から▲6六歩と穴熊を目指すのも有力。一直線穴熊に合流することになるが、後手が美濃に決めてしまったのが先手の主張。美濃が劣るとは言わないが、実戦的に先手が勝ちやすいのでは、とも思う。
64.png 65.png

 穴熊嫌いな人は9筋の交換を入れて▲5六歩もある。後手が釘付けになってるうちに駒組みを進めようという意味だ。これには△3三角とするしかない。△5五歩と紛れを求めるのは不成立。▲同角成△同桂▲2四歩△同歩▲同飛に後手がどう受けるか。
 △3五角は定跡として有名だが、▲2三飛成△2二飛▲2四歩△2三飛▲同歩成△4五桂▲2五飛と進めて先手が良いと思う。
66.png 67.png
 △3五角に代えて△2二飛が自然な有力手。▲2三歩に対して△2一飛がいい位置。▲5三角△3二金と進んで手が悩ましい。互角だとは思うが先手が忙しいか。 
68.png 

 随分煩雑な解説にはなってしまったが、それだけ咎めるのも一苦労ということだ。①~④の作戦に対しては上記の対応で先手が良くなるというのが私的な結論。に関しても先手が悪いということはないだろう。是非自分なりの対策を見つけて欲しい。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 将棋 ゴキゲン中飛車 超急戦 

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

2016/08/07 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

四つの振り飛車と「糸谷流右玉」の考察

   ↑  2016/07/20 (水)  カテゴリー: 将棋
「糸谷流右玉」というと昔はマイナーの極みだったが、最近ではそれほど珍しくもないのだろうか。主に研究熱心なアマチュアに多用されるこの戦法は、これ一つでほぼ全ての振り飛車に対応できるという大きなメリットがある。今回は私なりに研究した「糸谷流右玉」を明かそうと思う。

(1)対「向かい飛車」……有力
 対振り右玉は向かい飛車と相性が良い。何故なら向かい飛車の飛車ぶつけには交換に応じ、再度下段飛車を打てば右玉に隙は無く、振り飛車側の負担になるからだ。
12 
 向かい飛車は2筋からしか手が作れないのに対し、右玉は盤面全体で手を作ることができる。飛車交換はしない方が得だと思うが、そうなると向かい飛車にする意味は薄い。なまじ普通に囲った将棋よりも居飛車が勝ちやすいぐらいだと私は思っている。そんなわけで、向かい飛車に対しては右玉は恐れるところがない。

(2)対「三間飛車」……工夫が必要
 三間飛車は右玉の桂頭に砲台が向いているので、慎重な指し回しが必要とされる。昔の私は棒金の形で飛車先交換を防いでいたが、どうも玉が脆くなりすぎる嫌いがあり、逆転もされ易かった。
13 
 本来対振り右玉では右桂を跳ねて引き飛車を用意するが、桂頭攻めを考慮し桂を跳ねるのを後回しにするのが研究。そして▲5六歩を突かないことも一つのポイントである。△5五桂を残すのは不合理なようだが、そもそも桂交換を防ぐ方針なら問題は無い。左銀を5六に出て使えば後の△5三角などの棒金を圧迫するような手を防ぐことができる。△1五角の王手には▲3七金で問題なし。この形を使うようになってから三間飛車に対する勝率は上がったので、かなり有力な形だと思う。

(3)対「四間飛車」……難解
 対振り右玉にとって四間飛車は宿命の相手だ。四間飛車は序盤から危険な変化に囲まれていて、右玉側は神経を使う将棋になる。長いこと使ってみて分かったのは、先手番なら▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩から右玉にできるが、後手番では▲7六歩△8四歩▲6六歩△8五歩という進行でしか右玉にできないということだ。後手番で角道を開けて右玉にするのは速攻を仕掛けられて右玉自信なし。四間飛車にて対振り右玉は、角道を開ける手はない方がいいのである。出来れば先手番でも▲7六歩はない方が良い。まあ、私は横歩取りや矢倉も指したいので突くのだけれども。
▲2六歩△3四歩▲7六歩△4四歩▲2五歩△3三角▲4八銀△4二飛▲3六歩△6二玉
▲3七桂△3二銀▲3八金△4五歩……参考図
14 
 もし△4五歩のところを△7二玉とすれば▲4六歩と突いて、一先ず安心できる。△4五歩は一見してかなり筋悪だが、この場合先手の形も褒められたものではないので釣り合いは取れているのだろう。ただ実戦的に、右玉に組めないというプレッシャーは強い。もし角道を開けていなければ▲3八金の一手が必要ないので、4筋の位を取られることはないのだ。
 なので▲2五歩とは決めず、右四間飛車を見せるのが安全そうだと今では考えている。
▲2六歩△3四歩▲7六歩△4四歩▲4八銀△4二飛▲4六歩△6二玉▲4七銀△7二玉
▲3六歩△8二玉▲3七桂……参考図
15 
 これなら先手は何も苦労せず右玉に組める。▲4六歩の瞬間△4五歩とされても▲同歩△同飛で先手は怖いところがない。右玉に固執する必要も無いので先の変化に比べれば悩まなくて良いメリットがある(それに振り飛車党はこういう速攻を嫌うイメージがある)。

 長くなったが、序盤の問題はこれで解決だ。ここからがまた難しく、今のところ四間飛車に対しては棒金+継ぎ歩の2筋突破が無難な攻めと言えそうだ。▲6九飛からの6筋攻めは攻撃力こそあれど、反撃をほぼ間違いなく喰らう形である。特に四間飛車は△4五歩の威力が高いので、反撃一つで攻めが頓挫するのも珍しくない。基本的に右玉は手を作られたら負けなので、▲7九飛から一歩を手に入れ、▲2四歩△同歩▲2五歩の継ぎ歩を狙うのが隙のない攻め方だろう。他の振り飛車に比べて2、3筋の守備力は低いので、入玉を視野に入れた作戦になりそうだ。
16 

(4)対「ゴキゲン中飛車」……後手に有力手段あり
 対振り右玉の中ではメジャーな部類に入る。序盤はむしろ楽な方で、問題は中盤、どちらが先に仕掛ける将棋になるのかということだ。今のところ振り飛車側から動くとすれば「△3二金・△3三桂型」「4筋に振り直す」「3筋に振り直す」の3つが考えられる。
「△3二金・△3三桂型」はそれほど心配する必要が無い印象。△4五歩に対しては▲同歩△同桂▲4六歩という受けがあり、そう簡単には潰れないからだ。むしろ桂を渡してしまうことで攻められる危険性がある。ゴキゲン中飛車に対する対振り右玉は攻撃力が格段に高いので、攻めは慎重に考えなければならない。
「4筋に振り直す」のも似たような理由で怖くない。やはり△4五同桂▲4六歩という受けが手堅く、△3七桂成▲同金の形が堅い。それに4筋に振り直すのは手数がかかる。
「3筋に振り直す」は本命。5五歩と角筋を遮断しているので、△5一角といった手が指しやすいのが根拠だ。△3五歩の仕掛けで味をつけ、そこで5四に上がった銀を△4五歩で参加させるというのが効果的。右玉の桂馬をいかに負担にさせるかが、対振り右玉に対する振り飛車ターニングポイントと言えるだろう。
17 

 対振り右玉は組み上がってしまえば振り飛車の攻撃力を無効化できる強みがある。反面、一度自分が攻め始めると反撃を全て防ぐことが難しくなってしまう。数ある将棋の戦型の中で最も逆転の起こりやすい将棋と言えるだろう。指しこなすにはかなりの序盤力と中盤センスが必要になる。逆に終盤力が活躍することはない。一手一手で勝つような将棋じゃないからね。
 固める将棋が苦手、下段飛車マニア、駒落ち名人だという人は「対振り右玉」をレパートリーに加えてみると面白いだろう。勝ち負けが本気で気にならない」ぐらいのメンタルは必須だが

この記事に含まれるタグ : 四間飛車 対振り右玉 将棋 三間飛車 ゴキゲン中飛車 

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

2016/07/20 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。