愚を編む。居飛車メインで将棋の研究をしてマス 

このページの記事目次 (タグ: 塚田流 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

塚田流「角換わり△6五同桂革命」の研究3

   ↑  2016/08/05 (金)  カテゴリー: 将棋
 前回の塚田流を扱った記事で公開した△2六角の変化について補足しようと思う。
 実は某棋士との指導対局にてこの手を披露する機会があり、深く研究することができた。
43 45
 △2六角▲4七金△6五桂▲同銀△同銀▲7三角△8一飛▲6四角成△7六銀▲7四歩△6六歩▲6八歩……までは調子が良かったものの、次の△6一飛が反撃のお手伝いになって惨敗。△6六歩に代えて△3七角成▲同金△6六桂なら後手良しだったようだ。
 感想戦を経て知ったのは、▲2五桂は必ずしも必要ではないということだ。私自身はそこまで認識していなかったが△1五角の形は思いの外優秀で、▲2四桂という有力手を潰しているのだという。しかし放っておけば角切りがあるのは前述の通り。▲4七金は玉が弱くなるし▲2五桂がないのでそれほど考えていなかったが、角が切られることを前提にすれば2筋に飛車が残るという主張はある。

 よってこの戦法を使う場合、△3七角成が後手の切り札であり、先手はどこまで△2六角を許すかが焦点になってくる。▲2七飛なのか▲4七金なのかも悩ましい。手順中▲7四歩の突き出しは▲7五馬と▲7二銀を狙った鋭い手で、後手は飛車を見捨てた内に攻めきる必要もある。正直、お世辞にも攻めが得意ではない私にこの間合いを見切るのは無理だ(笑)
 後手の弱点をまとめると、▲7三角▲2四桂が厳しい。一度▲2二歩と叩かれるのは常に△同金とするとして、馬で6五の銀を追われる展開は避けられず、▲2四桂もかなりの厳しさ。▲6四角成には△7六銀打、▲5五角成には△5四銀打が想定で、▲2四桂のターンが回ったら詰ますぐらいでなければならない。この条件から考えると、▲4七金よりは▲2七飛の方が玉が堅いので寄らなそう。ただ▲4七金型は角を切られても飛車の横利きが残っているという主張がある。

 この戦法を考えた時からの懸念なのだが、すぐの▲2四桂は有効なのか?
 ▲2七飛△6五桂▲同銀△同銀▲2四桂△7六歩▲3二桂成△同玉▲2四歩
46.png 48.png
 これに対しては△3一銀しかなさそうだ。そこで▲2五桂と3三に打ち込む筋を見せるが、▲2五桂△7七歩成▲同桂△6六桂▲2三歩成△4一玉で何を指すか? 平凡な▲6五桂には△7七歩▲同金△5八桂成で寄りそう。だが▲3三桂不成を視野に入れた▲2六飛が以外に早い。△7六銀打で、先手は▲3二金か、▲3三桂不成か。激しい終盤戦でお互い受けが利かない形なので、詰みまで研究できそうな形である。Give me PONANZA!

 しばらくこの戦法を指していて感じたのは、とにかく僅差過ぎるということ。なんとか誘導して結果僅差ってどういうことなの。「俺の終盤は世界一だぜ!」ぐらいの自信がないとやってられない。これなら素直に△4二飛作戦を研究した方が有意義に感じる。
49.png 
 今のところ後手の目指すべき理想型すら分からない状態なのだが、誰かこれに名前をつけて流行らせてくれないだろうか(他力本願)。△6五歩▲同歩△同桂▲6六銀△3五歩が果たして成立するのかというのがまず怪しい。というのも、5三を守る為に△6二金が必要なので、その間に先手に先受けされる可能性があるからだ。それに△6二金は割り打ちがある。△4一飛も指したい。そんなので勝てるか? という話である。
 公式戦で一回だけあった棋譜を参考にしてみた手順がこちら。
△4二飛▲8八玉△2二玉▲4八飛△5一金▲4五歩△2七角▲4七金△4五歩▲5八角△3五歩▲2八飛△4六歩▲2七飛△4七歩成▲同角△4六金▲2四歩△同歩▲4五桂△同銀
47.png 
 まあこうなれば後手もやりがいがある。ただ見た目以上に玉が薄いのは気になるところだ。感覚がつかめるまでは実戦あるのみである。need more effort...
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 将棋 塚田流 端歩不突き 角換わり ツツカナ新手 

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

2016/08/05 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

塚田流「角換わり△6五同桂革命」の研究2

   ↑  2016/07/12 (火)  カテゴリー: 将棋
 前回記事を書いていてふと閃いたのだが、この局面。
3.png 
 やっぱり△7三桂、あるんじゃないか? というのが今回の話である。
 まず簡単な疑問から解消しておこう。△7三桂▲4五歩△同歩▲2五歩には△3五歩で切り返す。後手有利かは難しいが、▲4五歩の感触が良くないのでまあ後手が良い、ということにしておく。
 問題は▲2五歩で、△3三銀と上がれば「例の」仕掛けで先手が良くなるようだ。じゃあどうするかというと、△6五歩と先に仕掛ける。「ああ、あれか」と思った方もいるだろう、この局面は端の関係を抜けばツツカナ新手などでも話題になった形だ。
7.png 
 「なんでえ、既出じゃん」と思うかも知れないが、端歩一つを馬鹿にできないのが角換わりである。いいところだけ挙げてみよう。
・△3六歩▲4五桂と逃げても銀に当たってないので△3七歩成が先手
・▲6九飛~▲6一飛成などと横から攻められても、△4二銀型が堅い
・後手だけど先攻できる
・先手は2筋は攻められても1筋は攻められない
 これはイケる……? という感じなので、具体的に研究してみる。
 名付けて「せっかち△6五歩作戦」絶望的ネーミング)。早速「例の」仕掛けで検証を始めてみた……考えてみればすぐわかる事だったのだが、▲2四歩が手抜けない。いや当たり前なのだが、△3七歩成の時に▲2四飛と走られるのである。ぐぬぬ、いきなり難問が……! というか「いいところ」の一番最初が否定されてるというね

 もちろんまだ終わらない。次に端を付き合った場合の△6五歩作戦を調べてみる。
 従来の△6五歩早仕掛けは△6五歩▲同歩△7五歩と先攻し、
・▲同歩 は △6五桂▲6六銀△8六歩▲同歩△8八歩。
・▲6六銀 は △8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8二飛。
 というように、先手が素直に相手すれば普通に先行できるので後手が良い、という作戦だ。ただ▲2四歩が手強い。△7五歩▲2四歩△同歩▲2五歩△同歩▲7五歩と十字飛車を見せられ、後手の攻めが難しいということだった。その局面を端歩を突かない形にしてみる。
8.png 
 そうそう、△2六角には▲2七飛で、▲2五桂が受からないんだよねー……と考えていたことを思い出したのだが、△1五角の逃げ場があるじゃないか! と気付いた。これはひょっとするのでは……?
 △2六角▲2七飛△6五桂▲同銀△同銀までは一本道だろう。変化が多そうなのでもう一度参考図を載せておく。
9.png 
 やはり▲2五桂だろうか。そもそもこの角、飛車先を通さない以外特に働いてないのでやり過ぎ感満載である。△6五銀と出られた形が素晴らしいので釣り合いが取れていると信じたいのだが、ううむ……。これは一朝一夕の内に結論を出してはいけないのかも知れないなあ。

この記事に含まれるタグ : 塚田流 将棋 端歩不突き ツツカナ新手 角換わり 

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

2016/07/12 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

塚田流「角換わり△6五同桂革命」の研究1

   ↑  2016/07/10 (日)  カテゴリー: 将棋
 後手角換わりは木村定跡以降、様々な工夫を強いられることとなった。7三歩型、6五歩型から始まり、一手損角換わりが台頭。その舞台にまた新風が吹く――塚田流「端歩不突き」だ。
 この作戦、恐ろしいことに端を一切からめずとも仕掛けが成功するという特徴がある。角換わりの歴史は木村定跡以後、端でどう成功するかが焦点であったのにこれが成立しては何をしていたのかわかった物ではない。
(将棋世界8月号の付録「塚田流角換わり△6五同桂革命」で、塚田先生は「とりあえず革命は起こした」とコメントしている。投げやりすぎやしないだろうか……)
 端歩不突きだ何だと言ったが、後手の狙いはわかりやすい。先手が桂を跳ねたら即座に桂頭を攻めるだけだ。次の局面を見てほしい。
1.png 
 ここで△6五歩と仕掛けてしまうのが本作戦。▲同歩△同桂▲6六銀△3五歩が狙いの一手で、左辺で桂損はするものの飛車を攻めているので釣り合いは取れ……ているんじゃない? というわけだ。そりゃ攻めるのが3筋なのだから端は関係ないのである。乱暴すぎないか。
 △3五歩▲2四歩△同歩▲6五銀直△同銀▲同銀△3六歩▲4五桂△同歩▲3四歩まではほぼ一直線に進む。▲4四桂や▲5五角は見えるが、△3四同銀が正着だ。先手は歩切れになる上、後手からは△3七歩成が切り札である。先手は△6六桂を嫌って角を打つことになるが、▲5五角は△6二飛で望み薄、▲1一角成で香は取れるが△3三角の合わせが手強い。
2.png 
 先手は困惑することになる。というかこれほどシンプルで良いなんて事実、後手からしても困惑である。結局▲3七桂は危険ということで、代わりに▲9五歩と端を伸ばすようになる。桂を跳ねてくれないと仕方ないので△8八玉などで待機するのが一例。先手としても右桂は跳ねないと攻めようがないので、▲6七金右と備えるところだろう。前述の付録では▲6七金右△3三銀▲3七桂△4二金右▲8八玉△6五歩と仕掛ける順が解説されていて、先手は2五歩を決めずに対抗することになる。あれこれと研究してみても、後手が悪くなるということはなさそうだ。

 ここまでくれば当然の発想だが、「これ先手でも出来るんじゃない?」というわけで次の局面が考えられる。
3.png 
 ……先からの流れで言えば、後手は△7三桂と跳ねづらいということになる。△3三銀▲4八飛は端の交換がある場合の代表的な進行だが、これは端を突いていない事がデメリットになりそう。というか「桂頭を攻める」ならともかく、やはり玉頭から崩すなら端も仕掛けないと攻めるのは難しいんじゃないだろうか。あるいは桂馬を先に跳ねた者勝ち、という可能性もある。今後は如何に早く桂馬を跳ね相手はどう咎めるかという駆け引きになる……のかも?

 さて、私がこの「端歩不突き」を見て、真っ先に考えたのは「△4二飛作戦」との合成だ。「△4二飛作戦」とは『これからの角換わり腰掛け銀(マイナビ)』という本で解説されているので手元の本で確認していただきたい(という購買要求)。それを踏まえて次の図だ。
4.png 
 見ればわかる通り、後手は△5二金を保留することになる。この△7三桂は先手より桂を早く跳ねる意味もあるが、この場合は▲2五歩△3三銀▲3七桂が成立する(△6五歩▲同歩△同桂▲6六銀△3五歩▲6四角で、△8一飛とできない)。
 そこで仕掛けを見送って△4二飛というのが私の考えた対策だ。△4二飛作戦の弱点は▲4八飛から攻められてしまうところだが、前述した通り2~4筋から仕掛けてくるなら▲1六歩がないのは大きなアドバンテージ。そして先手から後手の桂頭を攻めるのは飛車がズレているのでお門違いだ。
 我ながら優秀そうな対策だとは思ったが、なにしろ△4二飛作戦をほとんど採用したことがないので研究は長引きそうである。今後とも研究を続けていきたいところだ。
5.png 

この記事に含まれるタグ : 角換わり 端歩不突き 将棋 塚田流 

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

2016/07/10 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。