愚を編む。居飛車メインで将棋の研究をしてマス 

このページの記事目次 (タグ: 居飛車穴熊 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

先手中飛車「5筋位取り拒否」の研究1

   ↑  2016/08/04 (木)  カテゴリー: 将棋
  初手▲5六歩――今では当たり前に見かける手となった。最近は後手石田流に対し左穴熊が押され気味という印象があるが、居飛車党としては相振りにするより飛車先を伸ばして勝ちたいものだ。というわけで今回は「5筋位取り拒否」に焦点を当ててみる。
 ▲5六歩△8四歩▲7六歩△8五歩▲7七角△5四歩▲5八飛△6二銀▲4八玉△4二玉▲3八玉△3四歩▲6八銀△5三銀▲2八玉……基本図
32 
 ▲5八飛で▲8八飛とする升田式向かい飛車もあり、有力だ。基本図からは(1)△4四歩か(2)△7七角成かで後手の作戦が分岐する。


 (1)△4四歩は穴熊にする狙い。5筋は交換されてしまうが、5三銀・4三金型に組めれば5筋が手厚いので問題ないという思想だ。素直に駒組みを進めると後手が満足なので、先手は積極的に動いていく必要がある。
△4四歩▲5五歩△同歩▲同飛△5四歩▲5九飛△5二金右▲3八銀△4三金▲5七銀△3二玉▲5六銀△3三角▲4六歩△2二玉……テーマ図1
3 
 先手の攻撃陣はほぼ完成。ここから▲4五歩の仕掛けが成立するタイミングを見ていく。まずテーマ図から▲4五歩にはどうするか?
 ▲4五歩△同歩▲3三角成△同桂▲5五歩△4二銀上▲5四歩△同金▲7七桂△3二金▲6五銀△5五歩▲5四銀△同銀▲7一角△7二飛▲4四角成△4三銀打▲2六馬△5三角▲同馬△同銀▲8三角△6二飛▲6五桂△4二銀▲6二金△同飛▲同馬△6五銀▲8一馬△5六歩
2 
 長くなってしまったが、大事な変化なので盤に並べて欲しい。▲4五歩~▲5五歩は中飛車の常套手段。これに対して△4二銀上が先手の猛攻を防ぐ大切な構え。△5三角は▲3六馬が気になるが、△7四歩と桂頭を攻めれば飛車角が活き、馬が遊ぶ。ほぼ必然の進行となり、結果図では形勢は互角。先手は駒得だが△5五角などが厳しく、手厚い後手陣を崩すターンが回ってくるか。

 この変化に自信がなければ、テーマ図1で▲1六歩と待つ手は考えられる。これには△3二金が最善の待ち方で、ここで▲4五歩はどうなるか。
 ▲1六歩△3二金▲4五歩△同歩▲3三角成△同桂▲5五歩△4二銀上▲5四歩△同金▲7七桂△6四歩
0 
 今度は一手遅いので△6四歩と銀ぶつけを消すことができる。こうなると先手が攻めるのは難しそうだ。今度は▲3七桂を足して攻めてみる。
  △3二金▲3六歩△1二香▲3七桂△1一玉▲4五歩
3433
 △2二銀の前に仕掛けたいのだが、これには厳しい反撃があった。
△8六歩▲同歩△4五歩▲同銀△7七角成▲同桂△4四歩▲5六銀△8六飛▲7八金△3五歩……と進めて、後手有利。
 このように、ただ▲3七桂では桂頭を攻める反撃があって上手くいかない。だが▲5二金左から固めると△2二銀~△6四歩とされて、先手の5六の銀が遊ぶ展開になってしまう。悠長にしていると△7三桂の攻めが厳しく、既に先手が苦しい。

 結論としては△2二玉の瞬間に仕掛けるのが最も効果的で、手待ちはするだけ後手の得になりやすいようだ。ただお互い不安定な形なので、良い手一つでひっくり返ってもおかしくないだろう。△4四歩穴熊」は十分有力、ということで今回の話を締めさせていただく。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 将棋 先手中飛車 居飛車穴熊 5四歩・6四銀 

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

2016/08/04 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。