愚を編む。居飛車メインで将棋の研究をしてマス 

このページの記事目次 (タグ: 超急戦 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ゴキゲン中飛車「超急戦回避策」の研究

   ↑  2016/08/07 (日)  カテゴリー: 将棋
 ここ数年で「超急戦」のイメージはすっかり変わってしまった。少し前までゴキゲン中飛車が受けて立つ戦型であったのに、今では回避するのが当たり前だ。私は超急戦で勝てないならゴキゲン中飛車は破綻していると思うので納得しがたい風潮だが……。
 というわけで今回は、超急戦回避策について咎める方法を検証する。

 ▲2六歩△3四歩▲7六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲5八金右△6二玉(基本図)
52.png
 △5五歩と突くと▲2四歩で決戦になるので、角道を開けたままにする。部分的に▲2四歩は成立しないが、先手は▲2四歩が成立するように手を進める。後手の作戦は――
 ①△8八角成~△2二銀で受ける
 ②△3三角・△2二飛と向飛車へ
 ③△1四歩・△5五歩で決戦狙い
 ④△5五歩・△3五歩で石田流へ
 ⑤△5五歩保留・飛車ぶつけを狙う
 ――経験したことがあるのを含めてこのぐらいだろう。内、①は論外。本気でこれを指しているなら中飛車はやめた方が良いだろう。上図以下▲4八銀△8八角成▲同銀△2二銀▲7七銀△3三銀▲6八玉△7二玉▲4六歩△8二玉▲7八玉△7二銀と進んだぐらいで後手の主張は何一つない。「指し慣れてるのでやりました」感満載のお粗末な構想だ。

 △3三角・△2二飛と向飛車へ
 激減した形。以下は昨年王位戦予選▲豊島-△久保戦を参考にさせていただく。
▲4八銀△3三角▲同角成△同桂▲6八玉△2二飛▲2六角△5二玉▲7八玉△4二銀▲5六歩△5三銀▲3六歩△4四銀▲5七銀△6二金▲6六銀△5三角▲3八飛△3二飛▲5五歩
53.png 54.png
 手順中、▲2六角が後手陣を咎める妙角。△5二玉以外では馬が作られるので仕方ないが、一直線に進んで先手の攻めが決まった。
 これは綺麗に後手が潰れてしまったが、例えば△6二金では△6二玉▲4六銀△7二玉の方が良い気がする。桂頭を攻められることが確実で、好んで後手を持ちたいという人はいないだろう。▲2六角の時点で先手ペースなので、△3三角は先手良しが私の見解だ。

 △1四歩・△5五歩で決戦狙い
 あまり見かけないが、気になっている人はいるんじゃないだろうか。
▲4八銀△1四歩▲6八玉△5五歩▲2四歩△同歩▲同飛△5六歩▲6六歩△5七歩成▲同銀△5六歩▲4六銀△1三角▲2一飛成△4六角▲同歩△5七銀
59.png56.png 
 お互い一切妥協なしの斬り合いだが、結論から言うとこの仕掛けは後手失敗。この局面では▲6七玉だろうが▲7八玉だろうが▲7七玉だろうがこの攻めは受かる。わかりやすく受かるわけではないが……私は▲6七玉派なのでその手順を紹介しよう。
▲6七玉△5八銀成▲同金△5七金▲同金△同歩成▲7七玉△6七金▲8六玉△6八と▲5三歩△2二飛▲同龍△同銀▲6八銀△同金▲2八飛△3一銀▲6八飛
57.png 58.png
 こうなれば先手が良いのは明らかだ。後手からは△5九飛、△5六歩などが候補だがいずれも遅く、▲7五桂や▲6五歩が厳しい。
 途中▲5三歩に△同飛は▲2六角としてやはり先手良しと見ている。次の▲5四歩が詰めろだ。よって△1四歩の強襲は成立しない

 △5五歩・△3五歩で石田流へ
 一つの妥協策。すぐ咎めずとも、やがて後手の無理が目立ってくる。
▲4八銀△7二玉▲6八玉△5五歩▲2四歩△同歩▲同飛△3二金▲2八飛△2三歩▲4六歩△3五歩▲4七銀△5四飛▲9六歩△9四歩▲8六歩△8二玉▲7八玉△7二銀▲8七玉△2四飛▲2五歩△3四飛▲7八銀
60.png 61.png
 後手は▲2五歩を打たせて満足……と言いたいところだが、飛車を持ってくるのに一手損、5五の位は不安定。囲いの脆さと合わせて既に先手模様勝ちと言えよう。
 玉頭攻めがないので天守閣美濃が堅く、次に▲3八飛からの攻めが確実だ。勝率70%はあるだろう。

 △5五歩保留・飛車ぶつけを狙う
 飛先交換を飛車ぶつけで受ける従来のスタイル。後手は△5五歩を突かずに駒組みすることになるが、先手が▲2四歩を突くかどうかは一つの権利だ。
▲4八銀△7二玉▲6八玉△8二玉▲7八玉△7二銀……テーマ図
62.png 63.png
 テーマ図から9筋の交換をして▲2四歩がよくある定跡。▲2四歩△同歩▲同飛△8八角成▲同銀△2二飛▲2三歩△5二飛▲2八飛△5五歩▲7七銀△4四角▲4六歩△2六歩と進み、以下変化の多い勝負が続く。
 かなりの研究勝負になるため、自信がある変化を見つけたなら挑んでみるといいだろう。私は対向形が嫌いなのであまり研究していないが(笑)。

 ▲2四歩を突くかは権利。なら捨てることも可能なわけで、テーマ図から▲6六歩と穴熊を目指すのも有力。一直線穴熊に合流することになるが、後手が美濃に決めてしまったのが先手の主張。美濃が劣るとは言わないが、実戦的に先手が勝ちやすいのでは、とも思う。
64.png 65.png

 穴熊嫌いな人は9筋の交換を入れて▲5六歩もある。後手が釘付けになってるうちに駒組みを進めようという意味だ。これには△3三角とするしかない。△5五歩と紛れを求めるのは不成立。▲同角成△同桂▲2四歩△同歩▲同飛に後手がどう受けるか。
 △3五角は定跡として有名だが、▲2三飛成△2二飛▲2四歩△2三飛▲同歩成△4五桂▲2五飛と進めて先手が良いと思う。
66.png 67.png
 △3五角に代えて△2二飛が自然な有力手。▲2三歩に対して△2一飛がいい位置。▲5三角△3二金と進んで手が悩ましい。互角だとは思うが先手が忙しいか。 
68.png 

 随分煩雑な解説にはなってしまったが、それだけ咎めるのも一苦労ということだ。①~④の作戦に対しては上記の対応で先手が良くなるというのが私的な結論。に関しても先手が悪いということはないだろう。是非自分なりの対策を見つけて欲しい。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 将棋 ゴキゲン中飛車 超急戦 

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

2016/08/07 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。