愚を編む。居飛車メインで将棋の研究をしてマス 

このページの記事目次 (タグ: 青野流 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

横歩取り「佐々木流▲6八玉」の研究2

   ↑  2016/07/28 (木)  カテゴリー: 将棋
 前回は「2二銀・8二飛」型という、青野流登場初期の対策が佐々木流に有効かを調べた。現段階での結論は「先手有望」ということでいいだろう。さて、次は今年6月30日に行われていた順位戦B1組▲丸山△山崎戦を見ていこう。この局、丸山九段は佐々木流を採用した。それに対する山崎八段は8五飛
26.png 
 前回の記事で「青野流にも有力」としていた手である。実戦では▲3六歩△2五飛と進んだが、何故前回解説した▲7七桂を選ばなかったのかを考えよう。
 まず青野流での△8五飛に▲7七桂とした理由だが、▲3六歩だと△8六歩の受けが面倒に感じていたからだ。△2五飛にはそれほど困らないので、味良く飛車を追ってしまおうという意味である。青野流のコンセプトは桂馬の攻めなので、跳ねられる内に跳ねておきたい。では何故▲7七桂を指さなかったのか。
 変化を読んでいないけれども、恐らくは▲7七桂と6八玉型は合わないからではないか。桂頭の脆さは勿論、さばきづらい角の側に玉がいるのも怖い。選ばなかったというより選びたくなかったのだろう。▲7七桂から持久戦にされると先手の形の悪さが目立つ。

 なので実戦では▲3六歩。『現代横歩取りのすべて(マイナビ)』の青野流の類似局面では「▲3六歩△8六歩と進んで先手は形勢を損ねる」と解説されており、実際つい最近まではその通りだと思っていたのだが――▲3三角成△同金▲3五飛という手順を激指に教えられた。△5五角が見えているだけに大胆な手順で、人だとなかなか思いつけない。だが残念ながら、序盤では先手有利と言っていた激指が手を進めると後手有利と言い出した
 ……ソフトには良くあるということで、知っておいて損はないぐらいの認識で十分だ。
 あくまで推測だけども、山崎八段としては△8六歩だと一直線の変化になってしまうので、それを嫌ったのだろう。ただそれだと▲3六歩がかなり得な手になる。▲3五飛の用意もできており、事実実戦では中盤まで先手がリードする展開になっていた。
 では「8五飛」型はどう指せば良いのか。と考えると、やはり△8六歩と打つしかないと思う。これは玉の近い佐々木流を咎める意味でもこう指したいところで、逆にこれが成立しないなら△8二飛の方が良いように思う。△8六歩が成立するなら先手はやはり▲7七桂と跳ねるしかなく、玉の位置が悪いことを気にしなければならない。どちらにしても佐々木流の存亡がかかった戦型と言えるだろう

 さて、青野流に対して有力だった変化は他にもある。
 始めに△4一玉だが、これには▲3六飛と青野流を捨てる。佐々木流の良さが現れていて、持久戦の時に▲3六飛の妥協がしやすいのだ。▲2六飛・6八玉と△8五飛・4一玉の勝負になるが、今のところこの変化は互角で、先手としてもやりがいのある局面になる。
27.png 
 
 次に△6二玉。これは色々考えたが、▲3六歩に△7二玉△2二銀のどちらかだと思う。順に調べていく。
7二玉は玉の安全度を上げて自然な手。▲3七桂と跳ねるが、そこで△8五飛が桂跳ねを牽制する飛車引き。勢い▲7七桂△5五飛▲8四歩△8二歩と進んで、先手は何を指すかだ。懐を広げ角の覗きも見せる▲9六歩が妥当なところだと思うが、この瞬間後手も手が広そう。後手が受け一方な分先手に主導権があり、チャンスを活かせるかが見極めどころだ。
28 
2二銀は飛車を追う狙い。△2三銀が見えているので△8五飛を防ぐ意味でも▲3五飛が指してみたい手だ。これに対して△7二玉はやや危険で、▲3七桂に△6二銀、△2三銀のどちらも▲4五桂で攻めが決まりそうである。△2三銀と先に構えて▲3七桂に△3四歩は考えられるが、後手が妥協し過ぎな気もする。▲6五飛で先手ペースだろう。
28.png 29.png

 最後に△5二玉。青野流の本筋は佐々木流でどう変化するか。▲3六歩△7六飛に▲7七角が一つの主張。青野流では△2六歩▲3八銀△7七角成▲同桂△5五角という攻めがあるが、佐々木流ではそれが消えている。これで良ければ話は早いのだが、△7四飛が厄介。青野流では先手良しとされる変化だが、▲同飛△同歩▲3七桂△7七角成▲同桂と進んだ時に、いつか△2七角と打たれるのが先手になるのである。桂頭の弱点も目立つ為、これは6八玉型がたたっている。▲7七角は選びづらい順だろう。
30.png 
 そこで改良案が▲3七桂。△8八角成▲同銀△7八飛成の筋がないので、そもそも▲7七角は必要ないのだ。△9五角に▲7七歩が利くので▲8四飛も可能である。先手から▲4五桂、▲2二歩打、▲8四飛の揺さぶりがあり、後手は何を指せば良いか。△7四飛▲同飛△同歩はありそう。以下▲2四歩か▲8四歩か、当たりを避ける▲5八玉も魅力だ。一手損でも陣形の安定度が違う。これは互角と言えるんじゃないだろうか。
31.png 

 以上「佐々木流▲6八玉」にありえそうな変化を調べたが、△8五飛の懸念を覗いて先手も意外に戦えることが分かった。なかなか前例のない戦型なので、いずれ実戦例が豊富になることを祈ろう。ひとまず佐々木流の研究を、これでまとめておくことにする。
(基本図▲6八玉から……)
△2二銀」:角交換からの△3三銀には飛車先を連打して▲3五飛~▲7七桂。△8二飛と戻るのはもう一度叩いて▲4五桂が決まるかどうか。先手有望。
△8五飛」:▲3六歩に△8六歩が成立するかどうか。しない場合、△8二飛の方が得かも知れない。形勢不明。
△4一玉」:▲3六飛と定跡形に戻す。先手不満なし。
△6二玉」:やや後手が危なっかしい印象。▲3五飛と一つ引くのが有力。
△5二玉」:△7六飛の威力が減っているので、青野流より得かも。ただ飛車ぶつけが気になるところである。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 将棋 佐々木流▲6八玉 青野流 横歩取り 佐々木勇気 

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

2016/07/28 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

横歩取り「佐々木流▲6八玉」の研究1

   ↑  2016/07/27 (水)  カテゴリー: 将棋
 内藤流△3三角空中戦法に対し、先手が激しく攻める「青野流」という戦法がある。
20.png 
 飛車を引かずに右桂を活用し、最速で5三を攻めるのが趣旨。お互いに怖い変化が多く、先手は玉が薄いが全力で攻めている、という構図になりやすい。決戦が早いので先手は囲う暇が無く、とにかく攻めが上手くなければ指しこなせない戦法だ。
 この戦法の良いところは、通常の横歩取りと違って先手に誘導権がある事だ。後手の手次第では▲3六飛と引けるという応用性もある。▲5八玉に対しては△5二玉が研究の最前線で、攻めが切れるかどうかの激しい斬り合いになる。個人的には△3三角を咎めにいく感覚が気に入っているので、今でも愛用している。
 ただ最近は、先手が押され気味という印象だ。理由は△5二玉以外の候補手が現れたことで、△6二玉、△8五飛、△4一玉の3つが挙げられる。
 6二玉は先手の攻めをスカす狙いで、▲3六飛に対しても指されるようになった作戦だ。プロでは菅井五段が話題を呼んだ。青野流に対しても有力な印象で、やはり先手の玉が脆いのが気になるところ。ただ後者の二つの方が厄介だ。
 △8五飛は力戦にする狙いで、説明は省くが先手は▲7七桂とする。△2五飛なら▲2八歩と我慢して、後から▲3六歩~▲3五飛と飛車をぶつけられれば先手の方が楽な形になるので文句がない。ただ△8二飛と引かれるのが難しいのだ。▲8五歩は必須。以下△4一玉▲3六飛△4二銀▲2六飛△3一玉▲7五歩△6二銀と堅陣を組まれ、先手は支えなければならないところが多すぎる。玉が薄いのも辛いところ。
21.png 
 △4一玉は△8五飛と似たような狙いで、△4二銀型の堅陣が狙い。これまで通りに5三を攻めても、やはり後手が堅陣過ぎて攻めになってないのだ。△4一玉▲3六歩△4二銀▲3七桂△6二銀▲7八銀△5一金と進むが、▲4五桂に威力の無い青野流に何の価値があるのか、という話だ。▲3六飛と引けばまだ良いのだが、それは定跡形より先手の形が悪い。正直一番面倒な相手だ。
22.png 

 さて――ここまでのキーワードは何か? そう、「玉が薄い」ということだ。後手と同等の堅さを求めると先手は一手損する必要がある。となると▲5八玉という手自体、形の決め過ぎなのでは? と考えられるわけだ。「▲3四飛待機型」において、最善の手は何か? ということを考えてみたい。そこで「佐々木流▲6八玉」である。
 私も以前▲6八玉は考えた。前述した△4一玉に対して▲3六飛と引けば定跡形に戻るからである。ただ△5二玉とされ、青野流と同じように進めた時に△7六桂、△9五角といった手が気になっていたのだ。純粋に青野流で攻め合いになると玉の位置が危険なので、この手はないだろう、と思っていた。
 が、去年からサボり気味だった棋譜並べをしていたところ、なんと去年の10月に佐々木勇気五段が▲6八玉を指していたのである(時代遅れ)。この手は実はあるのか? 今一度検証したい(漸く本題に来れた……)。
 佐々木流▲6八玉に対し、前例で最も多かったのは△2二銀だ。これは咎めにいったというより、手探り状態ということだろう。佐々木五段は後手も持って指しているので、その棋譜が研究と深く関係しているに違いない。
 ▲6八玉△2二銀▲3六歩△8二飛▲3七桂△8八角成▲同銀△3三銀▲3五飛△4四角
23.png 
 これは74期C1▲大平△佐々木戦。その後後手が快勝したが、先手にはもっといい手があるはずだ。2二銀・8二飛の形は過去に青野流に対して有力だったもので、▲3五飛のところで▲8三歩を調べる。青野流では有力とされていた攻め。以下▲8三歩△同飛▲8四歩△8二飛▲3五飛△8四飛▲6六角△8二飛▲4五桂というのが定跡手順。ただ△4四銀とされて、▲同角△同歩▲8三歩△9二飛▲5三桂成とした時に△8六角が王手角取りになって、これは▲6八玉がたたっている。▲同角△同歩▲3二飛成△同飛▲4三金が修正案だが、これも難しそう。△5二飛しかないので(▲5三桂成がある)駒損は少し回復するが、桂取りがかかっているので先手も忙しいか。△8六角や△9五角も悩みの種である。
 そこで▲6六角のところ、▲7七桂はどうだろうか。直接的には飛車ぶつけを、状況次第では▲6五桂も狙い、△4四角の筋も消している。次の▲6五桂を受けて△8二飛だと思うが、▲8三歩が成立するかどうか。
24.png 
 △5二飛のような逃げる手も難しそうだが、△同飛の時に先手が攻めきれるのか。
▲8三歩△同飛▲4五桂△8二飛▲3三桂成△同桂▲6六角が研究手順で、▲7七桂と合わせて飛車交換を手伝う意味もある。生角でも▲7五角の活用があるのでそれほど困らない。△4二玉の受けには▲3一銀で攻めが続きそうとして、△4四角▲同角△同歩として、△4五桂を受ける▲4八銀が候補。例えば△2八角なら▲2四銀と露骨に攻めて先手も悪くなさそうだ。
25.png 

 難しいながら、「2二銀・8二飛」型は形勢的に先手有望であると言えるだろう。長くなってしまったが、ひとまずここで区切ろう……。

この記事に含まれるタグ : 将棋 横歩取り 青野流 佐々木流▲6八玉 佐々木勇気 

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

2016/07/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。