愚を編む。居飛車メインで将棋の研究をしてマス 

この記事に含まれるタグ :
塚田流  将棋  端歩不突き  ツツカナ新手  角換わり  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

塚田流「角換わり△6五同桂革命」の研究2

   ↑  2016/07/12 (火)  カテゴリー: 将棋
 前回記事を書いていてふと閃いたのだが、この局面。
3.png 
 やっぱり△7三桂、あるんじゃないか? というのが今回の話である。
 まず簡単な疑問から解消しておこう。△7三桂▲4五歩△同歩▲2五歩には△3五歩で切り返す。後手有利かは難しいが、▲4五歩の感触が良くないのでまあ後手が良い、ということにしておく。
 問題は▲2五歩で、△3三銀と上がれば「例の」仕掛けで先手が良くなるようだ。じゃあどうするかというと、△6五歩と先に仕掛ける。「ああ、あれか」と思った方もいるだろう、この局面は端の関係を抜けばツツカナ新手などでも話題になった形だ。
7.png 
 「なんでえ、既出じゃん」と思うかも知れないが、端歩一つを馬鹿にできないのが角換わりである。いいところだけ挙げてみよう。
・△3六歩▲4五桂と逃げても銀に当たってないので△3七歩成が先手
・▲6九飛~▲6一飛成などと横から攻められても、△4二銀型が堅い
・後手だけど先攻できる
・先手は2筋は攻められても1筋は攻められない
 これはイケる……? という感じなので、具体的に研究してみる。
 名付けて「せっかち△6五歩作戦」絶望的ネーミング)。早速「例の」仕掛けで検証を始めてみた……考えてみればすぐわかる事だったのだが、▲2四歩が手抜けない。いや当たり前なのだが、△3七歩成の時に▲2四飛と走られるのである。ぐぬぬ、いきなり難問が……! というか「いいところ」の一番最初が否定されてるというね

 もちろんまだ終わらない。次に端を付き合った場合の△6五歩作戦を調べてみる。
 従来の△6五歩早仕掛けは△6五歩▲同歩△7五歩と先攻し、
・▲同歩 は △6五桂▲6六銀△8六歩▲同歩△8八歩。
・▲6六銀 は △8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8二飛。
 というように、先手が素直に相手すれば普通に先行できるので後手が良い、という作戦だ。ただ▲2四歩が手強い。△7五歩▲2四歩△同歩▲2五歩△同歩▲7五歩と十字飛車を見せられ、後手の攻めが難しいということだった。その局面を端歩を突かない形にしてみる。
8.png 
 そうそう、△2六角には▲2七飛で、▲2五桂が受からないんだよねー……と考えていたことを思い出したのだが、△1五角の逃げ場があるじゃないか! と気付いた。これはひょっとするのでは……?
 △2六角▲2七飛△6五桂▲同銀△同銀までは一本道だろう。変化が多そうなのでもう一度参考図を載せておく。
9.png 
 やはり▲2五桂だろうか。そもそもこの角、飛車先を通さない以外特に働いてないのでやり過ぎ感満載である。△6五銀と出られた形が素晴らしいので釣り合いが取れていると信じたいのだが、ううむ……。これは一朝一夕の内に結論を出してはいけないのかも知れないなあ。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 塚田流 将棋 端歩不突き ツツカナ新手 角換わり 

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

2016/07/12 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 塚田流「角換わり△6五同桂革命」の研究2

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。