愚を編む。居飛車メインで将棋の研究をしてマス 

この記事に含まれるタグ :
将棋  塚田流  端歩不突き  角換わり  ツツカナ新手  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

塚田流「角換わり△6五同桂革命」の研究3

   ↑  2016/08/05 (金)  カテゴリー: 将棋
 前回の塚田流を扱った記事で公開した△2六角の変化について補足しようと思う。
 実は某棋士との指導対局にてこの手を披露する機会があり、深く研究することができた。
43 45
 △2六角▲4七金△6五桂▲同銀△同銀▲7三角△8一飛▲6四角成△7六銀▲7四歩△6六歩▲6八歩……までは調子が良かったものの、次の△6一飛が反撃のお手伝いになって惨敗。△6六歩に代えて△3七角成▲同金△6六桂なら後手良しだったようだ。
 感想戦を経て知ったのは、▲2五桂は必ずしも必要ではないということだ。私自身はそこまで認識していなかったが△1五角の形は思いの外優秀で、▲2四桂という有力手を潰しているのだという。しかし放っておけば角切りがあるのは前述の通り。▲4七金は玉が弱くなるし▲2五桂がないのでそれほど考えていなかったが、角が切られることを前提にすれば2筋に飛車が残るという主張はある。

 よってこの戦法を使う場合、△3七角成が後手の切り札であり、先手はどこまで△2六角を許すかが焦点になってくる。▲2七飛なのか▲4七金なのかも悩ましい。手順中▲7四歩の突き出しは▲7五馬と▲7二銀を狙った鋭い手で、後手は飛車を見捨てた内に攻めきる必要もある。正直、お世辞にも攻めが得意ではない私にこの間合いを見切るのは無理だ(笑)
 後手の弱点をまとめると、▲7三角▲2四桂が厳しい。一度▲2二歩と叩かれるのは常に△同金とするとして、馬で6五の銀を追われる展開は避けられず、▲2四桂もかなりの厳しさ。▲6四角成には△7六銀打、▲5五角成には△5四銀打が想定で、▲2四桂のターンが回ったら詰ますぐらいでなければならない。この条件から考えると、▲4七金よりは▲2七飛の方が玉が堅いので寄らなそう。ただ▲4七金型は角を切られても飛車の横利きが残っているという主張がある。

 この戦法を考えた時からの懸念なのだが、すぐの▲2四桂は有効なのか?
 ▲2七飛△6五桂▲同銀△同銀▲2四桂△7六歩▲3二桂成△同玉▲2四歩
46.png 48.png
 これに対しては△3一銀しかなさそうだ。そこで▲2五桂と3三に打ち込む筋を見せるが、▲2五桂△7七歩成▲同桂△6六桂▲2三歩成△4一玉で何を指すか? 平凡な▲6五桂には△7七歩▲同金△5八桂成で寄りそう。だが▲3三桂不成を視野に入れた▲2六飛が以外に早い。△7六銀打で、先手は▲3二金か、▲3三桂不成か。激しい終盤戦でお互い受けが利かない形なので、詰みまで研究できそうな形である。Give me PONANZA!

 しばらくこの戦法を指していて感じたのは、とにかく僅差過ぎるということ。なんとか誘導して結果僅差ってどういうことなの。「俺の終盤は世界一だぜ!」ぐらいの自信がないとやってられない。これなら素直に△4二飛作戦を研究した方が有意義に感じる。
49.png 
 今のところ後手の目指すべき理想型すら分からない状態なのだが、誰かこれに名前をつけて流行らせてくれないだろうか(他力本願)。△6五歩▲同歩△同桂▲6六銀△3五歩が果たして成立するのかというのがまず怪しい。というのも、5三を守る為に△6二金が必要なので、その間に先手に先受けされる可能性があるからだ。それに△6二金は割り打ちがある。△4一飛も指したい。そんなので勝てるか? という話である。
 公式戦で一回だけあった棋譜を参考にしてみた手順がこちら。
△4二飛▲8八玉△2二玉▲4八飛△5一金▲4五歩△2七角▲4七金△4五歩▲5八角△3五歩▲2八飛△4六歩▲2七飛△4七歩成▲同角△4六金▲2四歩△同歩▲4五桂△同銀
47.png 
 まあこうなれば後手もやりがいがある。ただ見た目以上に玉が薄いのは気になるところだ。感覚がつかめるまでは実戦あるのみである。need more effort...
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 将棋 塚田流 端歩不突き 角換わり ツツカナ新手 

(記事編集) http://farsidepapermoon.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

2016/08/05 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 塚田流「角換わり△6五同桂革命」の研究3

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。